Dr. Wise’s new video on pelvic pain and chronic vigilance. WATCH NOW

私たちが扱う主要な症状

私たちの患者のほとんどは、少なくとも2つ以上の症状があります。 このページの下部にある症状の説明を含む詳細なリストをご参照ください

  • 尿意頻数 /尿意切迫/排尿ちゅうちょ
  • 座位痛
  • 直腸/会陰部痛/陰部痛
  • 性交時/後痛
  • 便通後の痛みまたは不快感消失
  • 下腹部痛
  • 尾骨痛/腰痛
  • ストレスで症状が増すことがある
  • 熱浴または加熱ヘル
  • 薬物治療、通常の治療法、手術では解決できない
  • 医学的検査で疾病は見つからない
  • うつ病/症状に対する恐怖/生活の質の低下

間質性膀胱炎(IC)

ワイズーアンダーソン・プロトコル(スタンフォードプロトコル)と間質性膀胱炎(IC)の症状

米国で70万~400万人(約90%が女性)が間質性膀胱炎(IC)の患者と推定されました。これは伝統的に膀胱の炎症または膀胱の尿貯留能力が低下する潰瘍を指す診断です。我々は、ICと診断された多くの患者に、ワイズーアンダーソン・プロトコルで治療することにより著しく改善することを発見しました。

間質性膀胱炎 (IC): 論争を招くような診断

間質性膀胱炎は、多くの医師にとって論争を招くような診断です。 私たちの臨床実践では、ICと診断された多くの患者において、膀胱の治療を全く扱わずに症状が著しく改善されていることがわかりました。私たちの患者のうち数人以上が、膀胱の検査や論争のある検査なしに診断されました。

間質性膀胱炎の最も有効な治療法は、骨盤底の物理療法です。Mary Pat FitzgeralとRodney Andersonは、2009年8月の「泌尿器科学誌」, Volume 182, Issue 2, P570–580で以下のように述べています:

6ヶ月間任意的に選ばれた男性23名(49%)、女性24名(51%)を対象とし、患者のうち24名(51%)が全身マッサージ治療に、筋膜理学療法には23名(49%)であり、治療を受けた患者の総数は44名(94%)であった。セラピストはプロトコルの手順を守って治療を行った。筋膜理学療法グループの57%の反応率は、全身マッサージ治療グループ(21%)より有意に高かった(p = 0.03)。

結論:我々は、全面的な理学療法の本格的に実施する可能性を判断し、筋膜理学療法の有効性に関してはさらに研究する必要がある。

間質性膀胱炎は骨盤底機能障害に混乱することがあります

間質性膀胱炎が存在する場合、実際には骨盤底機能障害の可能性もあります。ICと診断された多くの患者が我々のプロトコルで症状を著しく改善した事例がよく見られました。私たちはICと診断された患者を対象として具体的に研究していませんが、不安や強い感情の喚起がICと診断された患者の中心的な特徴であり、神経系の興奮を低下させることに焦点を当てたプロトコルはそういう患者にとても相応しい療法かもしれません。

Hanno氏は彼の論文「痛みのある膀胱症候群/間質性膀胱炎及び関連する他の傷害」(elsevierhealth.co.uk 2007)で不安と精神的健康の問題について、以下のように述べています:
うつ病、慢性疼痛および不安、全体的な精神的健康を含む関連した合併症の発生率が高い(Michael et al 2000:Rothrock et al 2002:Hanno、Baranowski、Fall et al 2005) ある研究者は、持続収縮中の骨盤筋肉の自己保護のため、神経炎症の結果として膀胱炎症が起こると仮定しています。

間質性膀胱炎に関連する痛みの位置

最近、メリーランド大学とジョンズホプキンス大学の医師により実施したIC患者264人を対象とした調査では、回答者は痛みの部位を識別するのが非常に明確です。痛みは「激しい、弱い、刺痛、微妙な痛み」と分類されました。生殖器部位の痛みの記述は「灼熱痛、刺痛、急激な痛み」としていました。最も頻繁に報告された疼痛部位の順位は、恥骨(恥骨上)、尿道および生殖器部位、続いて他の非泌尿生殖器部位となりました。調査対象の50%以上においては、恥骨痛および尿道痛は、膀胱が膨張する時または排尿の直前のいずれかで、悪化する傾向があると報告されています。この症状は非間質性膀胱炎患者にもあります。調査回答者の約80%は、特定の飲食物の摂取後にこれらの部位の疼痛が悪化することも示しています。

間質性膀胱炎の診断には、麻酔下での膀胱鏡検査と水圧拡張が最も権威のある方法と考えられています。この方法はテキサスA&M 大学で、Waxmanらによって行われた重要な研究に挑戦されました(泌尿器科学誌、第160巻、第5号 、1998年11月、第1663-1667頁)。彼らは、卵管結紮を受けた女性が麻酔下で水膨張を伴う膀胱鏡検査を受けたとき、症状のない女性の膀胱は、症状を報告された間質性膀胱炎の女性と同じように見えることを判明しました。以下のように述べています:

結果:腹腔鏡下卵管結紮の期間中に、平均年齢±29±6年間の標準偏差を有する合計20人の正常な女性がこの試験に参加することに同意した。890 +/- 140 mlの膨張前後の膀胱部位の写真を見たら、1〜5の尺度で1.4 +/- 0.3(拡張前)および3.1 +/- 1.1(拡張後)という点数が分かった。正常な被験者における拡張後の点数の増加は、間質性膀胱炎の症状のある患者に同じ程度及び割合で見られた(このシリーズの8〜19症候性の患者は、間質性膀胱炎の現在の診断基準に合致した)。軽度であるが重要の差は、膀胱内部で見られたが、2〜6分間の水膨張期間では見られなかった。

結論:間質性膀胱炎と診断された患者における刺激性排尿および骨盤痛と特徴する膀胱粘膜病変が無症状の女性において観察された。

トリガーポイントと間質性膀胱炎:骨盤のこむら返り

20年以上の臨床経験で、私たちはICと診断された患者の内外骨盤筋に多数の筋膜トリガーポイント(ストレスによって引き起こされるこむら返り)を見つけました。長期間、通常、何十年にもわたって、慢性的な不安により形成したこの頑固なサイクルは、骨盤底の筋肉を慢性的に収縮し、痛みを伴わう機能不全という症状が現れることが分かりました。通常患者が痛みを感じる部位は、実際に最初に痛みを引き起こす元ではありません。重要なのは、伝統の治療では、痛みの症状に焦点を合わせることが多いが、痛みの元をよく注目されていません。ワイズーアンダーソン・プロトコルは、痛みを最初に引き起こしているストレスと、骨盤内の発痛点を直接に治療します。

緊張‐痛み‐保護防衛サイクルの中断

pel8

Tワイズーアンダーソン・プロトコルの目標は、緊張‐痛み‐保護防衛のサ

イクルを中断することです。私たちのプロトコルは、不安を和らげるため、痛みや関連する症状を軽減する方法を患者に教えることによって最も効果的に達成されます。これには定期的な内外理学療法の自己治療、 長引く奇異性弛緩法の練習、及び悲惨な考え方に転じる傾向のある否定的で不安な思考の管理が含まれます。ワイズーアンダーソン・プロトコルは6か月間で、トリガーポイント/骨盤底の感度と痛みを、10のうち7.5から10のうちの4まで減少させることを示しています。

トリガーポイントの自己治療は、患者に無力感から解放する力を与える重要な要素であると強く信じています。 .

カリフォルニア州サンタローザで開催された6日間のイマージョンクリニックでワイズーアンダーソン・プロトコルを教えています。下記の詳細な情報をご覧ください。

間質性膀胱炎は、局所的かつ全身的な障害の両方です。

間質性膀胱炎は患者に当惑と不便をもたらすものと思われます。苦痛から解放するため、患者たちが医者に訪ねて、治療を求めます。しかし、従来の治療では、ほとんど全般的に間質性膀胱炎が誤解されていました。それがせいぜい部分的かつ短期的であり、最悪の場合、外科的介入または特定の注射のようなものは、問題を悪化させる可能性があります。

間質性膀胱炎に対して従来の治療の根本的な誤りは、一般的に頻繁に起こる神経系が骨盤筋を慢性的に緊張させるという点で、全身性および局所性の問題であるという事実を全体的に把握していないことです。慢性の心配、不安、神経質な覚醒が、骨盤筋の局所的な痛みおよび機能不全をもたらすという点で局所的な視角です。両方の面を効果的に治療しなければ、間質性膀胱炎は治らないです。

我々は6日にわたるクリニックを通年提供しております。最も先進の内外の理学療法の自己治療(局所治療)で患者を訓練し、リラクゼーションプロトコルを実践することによって、間質性膀胱炎の局所的および全身的な問題を解決することに専念しています。長引く奇異性弛緩(Extended Paradoxical Relaxation)は毎日の神経系の緊張を減らすことを目的としております。

ワイズーアンダーソン・プロトコル

6日間のイマージョンクリニック

私たちは1995年にスタンフォード大学の診察室で、骨盤底機能不全の患者の診察をし始めました。 2003年には、カリフォルニア州サンタローザで開催された6日間のイマージョンクリニックの形で、ある個人の診療所で療法を改善しました。この診療所は14人の患者に限定され、年間を通して提供されており、骨盤底の慢性的に収縮した筋肉をリハビリする患者を教え、毎日の不安を軽減させます。ワイズーアンダーソン・プロトコルは進化しました。ワイズーアンダーソン・プロトコルは、自己治療で訓練された患者さんの自宅で毎日行われることにより、多くの患者の人生の取戻しに役立っています。自己治療の目的は、患者がプロの治療法から解放されることです。10年以上にわたり、医療研究により、訓練された患者の自己治療の結果が報告されています。

詳細については こちらをクリックしてクリニックのページをご覧ください.

 

間質性膀胱炎の症状(IC)

(多数の患者は少なくとも2つ或はもっと多くの症状を患っている)


  • 患者にとって頻尿は不快感から衰弱までいろいろである。
  • 膀胱、尿道、性器に常に不快な感覚があるのが一般的である。
  • 一般的に排尿後残尿感がありすぐにまたトイレに行きたくなる。
  • 頻尿や切迫尿意はトイレの近くにいたいと思わせる。ときには切迫尿意で排尿をこらえることができない。
  • 映画館やスポーツイベントではすぐに出れるように通路側に座る。
  • 頻尿や切迫尿意は夜間の覚醒で安眠を妨げ、覚醒後の再入眠を困難にする。

  • 排尿困難は大変つらいもので排尿は試練となり、さらなるつらさを引き起こす。
  • 排尿時の灼熱患や痛みはしばしば患者を当惑させ、骨盤底の機能不全を伴っている。
  • 時に排尿中は痛まないが排尿後に発症する。
  • 我々の多くの患者では慢性の骨盤筋群のスパスムや筋膜の収縮がとれれば排尿障害も改善する。

  • 夜間排尿は患者の睡眠を障害し、かれらを疲れさせるので大きな問題である。
  • 睡眠の中断による疲れは緊張、痛み、保護防御や心配のサイクルに繋がる。

  • 男性では尿線の細小化は前立腺肥大症やその他の前立腺疾患の医学的評価が必要な重要な症状である。
  • 筋性骨盤痛の人の中には排尿開始までに時間のかかるひとがいる。
  • 排尿開始に時間がかかるのは排尿を待ち過ぎた際にひどくなる。(我々は括約筋の緊張が攣縮になるためと推測している。)
  • 尿線の細小化は、特に若い男性では自尊心の低下や心気症の原因となり得る。
  • 排尿異常が筋性慢性骨盤痛の症状であるならば骨盤底のリハビリにより改善し得る。

  • 会陰部痛は間質性膀胱炎の治療を受けている患者にとって一般的で、持続して痛みがあり、大変困難なものである。
  • 会陰部は骨盤底のほとんどの筋が付着する部位で関連痛(原因となる部位以外の部位に痛みを感じる)が起きやすく、いろいろな部位に痛みを感じる。
  • 会陰部はサドル痛が起きやすい。
  • 会陰部と肛門括約筋は患者がゴルフボールの上に座ったような感じと表現する部位である。
  • 会陰部痛は座ったり、立ったりすることで悪化する。
  • 2009年に我々がJournal of Urologyに発表したスタンフォードでの研究では対象の79%が会陰部痛を訴えた。
  • 同じ2009年の論文で会陰部に関連痛を引き起こす、中心的な腹部、骨盤筋群を発表した(腹直筋、大内転筋、尾てい骨筋)。

  • 骨盤痛では座位は非常に苦痛や怯えにつながり正常の生活すべてに影響する。
  • 座位は不快感、痛みなど症状のきっかけや増悪をきたし骨盤の前、後ろ、両側に痛みを生じる。
  • 座位痛は朝のうちは軽く始まり、一日中座っていると不快感は夜まで続く。
  • 座位が非常に不快なので、患者はレストランではクッションのある椅子を探す。
  • 座位痛は友人や家族と、座ってくつろぐことを惨めにする。
  • 長距離のフライトやドライブを痛みなしにするのは難しい。
  • 時に患者は座ってする仕事ができないため無能力者扱いされる。

  • 女性は膣内部に一側または他側に痛みを感じる。
  • 女性は時に外陰部痛と骨盤痛を共にする。
  • 筋原性の骨盤痛では性器痛は骨盤底の前肛門挙筋からの関連痛であることが多いことを見出した。

  • 恥骨上部(恥骨の上)痛は一般的なものである。
  • 恥骨上部痛は、頻尿、切迫尿意、遷延性排尿やその他の排尿に関する症状を持つ患者では一般的なものである。
  • 時にこの部位を圧迫すると直腸肛門(肛門と直腸)やときに膀胱に伝達痛を感じるかもしれない。
  • 痛みは一側または両側、または中央部に感じ得る。

  • 尾骨痛は一般的である。
  • それは骨盤底または尾骨に付着する筋群からの一般的な伝達痛で、尾骨そのものの痛みではない。
  • 我々が見てきた多くの患者は尾骨切除を受けているが、概してなんの改善も感じていない。
  • 尾てい骨痛は排便後痛としばしば関連している。

  • 腰痛は一般的であるが、骨盤底筋群からの関連痛(原因となる部位以外で痛みを感じる)で 腰部の痛みではないので患者や医師を混乱させる。
  • 不快感は一側か他側、あるいは一側から他側へ遊走する。

  • 痔核や切れ痔がなく、この症状が現れるということは文献には記載されていないがわれわれの経験ではこの症状は珍しくない。
  • 緊張した骨盤筋群が弛緩すると排便後に緩和する。
  • 排便後の不快感はもしその後さらに強い症状を引き起こすと特に困惑する。
  • 0………排便の機序は直腸に便が溜まり、内肛門括約筋と恥骨直腸筋に弛緩シグナルを送り便意が生じる。
  • 一旦便が弛緩した肛門括約筋を経て体外にでると内肛門括約筋は反射的に閉鎖する。
  • 骨盤痛があって排便後層状が悪化する人は内肛門括約筋が過剰に閉鎖していると考えている。
  • 排便前より排便後の方がより閉鎖力が強い場合は、時に痛みを伴う攣縮が生じている
  • 排便後痛がリラックスした状態で、ゆっくり排便することで改善するならば、さらにもっとリラックスした状態で排便することで症状の緩和が得られる。
  • 我々の患者では、排便後痛が軽快すればすべての慢性的な骨盤筋緊張が緩和する。

  • セックスに対する興味が減弱するのは珍しくない。
  • 筋性骨盤痛では多くの場合、性的活動を含む肉体的な病態はない。
  • 我々の考えではリビドーの低下は心配がかさなったもので、自尊心の減弱、骨盤痛などが性的衝動や性的興味を弱くする。
  • 痛みや骨盤筋群障害の改善がリビドーの減弱の改善となる。

  • 骨盤痛のもっとも難しいのは絶対に消退しないと悲劇的に思うことである。
  • 多くの骨盤痛の患者は痛みに心を奪われている。
  • 不安や悲劇的な思いは患者をして、生活から意識をそらせ、将来の到底受容できない景色を描かせる。
  • 我々は間質性膀胱炎の診断を特別にしているわけではないが、間質性膀胱炎の患者は心配や情緒で生じるものと考えているし、神経組織の覚醒を下げることに焦点をおいた我々のプロトコールはこれらの患者の本幹的な利益を生むと信じている。

  • 骨盤痛は家族や友人との関係を十分に維持する能力を患者に失わせる。
  • 社会的な引きこもりはしばしば慢性的な疼痛に由来し、時々の楽しみに有害な影響をあたえる。
  • 慢性の骨盤痛は患者がセックス、外出、他人との付き合い、旅行の計画、子育て、社交活動やパートナーシップや結婚生活での付き合いから遠ざかるなどのことから大きな代償を払うことになる。
  • パートナー側からの難しい問題は患者がセックスから遠ざかり外出や他のひととの交わり、旅行計画、子育て、社交やパートナーシップや結婚生活からも遠ざかることである。

  • 骨盤痛のため自尊心がほとんど常に下がる。
  • 男女を問わず、慢性骨盤痛を有すると、誰も自分と一緒に居ようと望まないのではないかと常に悩んでいる。

  • 睡眠障害はよく見られる。
  • 患者は尿意か痛みと不安で目が覚める。
  • 我々は骨盤痛を有する患者では朝にコーチゾールが急峻に上昇することを論文にした。(Cortisol and Men with Chronic Prostatitis – American Urological Association Poster 2007)

  • 慢性の骨盤痛ではどうしようもない、希望がないというのが本当の悩みである。
  • どうしようもないという思いは苦痛となる痛みや不快感を止められないことからくる。
  • 骨盤痛の患者で希望がないという思いは解決策が先に見えないことからくる。

  • 我々の臨床診療で、間質性膀胱炎の患者では骨盤内の腹直筋、前挙筋、内閉鎖筋の前面に多くのトリガーポイントがあることを見出した。
  • 我々の経験では、骨盤底の自己理学療法と心配をやわらげることが症状を軽くする大きな役目をはたす。

  • 性行為中またはその後に痛みを感じる。
  • 痛みは膣の外か中かあるいは両方に感じる。
  • 骨盤診でトリガーポイントを触診すると性行為中の痛みを再現できる。

  • MoldwinらはJournal of Urologyにある食物が間質性膀胱炎を悪化させることを報告した。彼らは女性の膀胱痛症候群/間質性膀胱炎の患者の大きいコホートで、特別な食物の摂取が症状を悪化させることを報告した。
  • しばしば報告されもっとも具合の悪い食物はコーヒー、紅茶、ソーダ、アルコール、柑橘類とそのジュース、人工甘味料、と唐辛子である。
  • しかし、何かの食物で症状が悪化した、我々の患者では間質性膀胱炎の前兆はなく、食物感受性でも間質性膀胱炎の確かなマーカーではなかった。

  • 通常のストレスでも尋常でないストレスと同様、症状を悪化させる。
  • ストレスが骨盤痛のトリガーであれば同時に緊張‐心配‐対痛み防御サイクルのトリガーになりがちでストレスがなくなっても持続する。

  • 間質性膀胱炎は他の過敏腸管症候群や繊維筋痛、膣前庭炎、骨盤底機能不全、レイノー症候群や偏頭痛などと共存する。
  • 間質性膀胱炎ではこども時代のトラウマ、心配、軽くない情緒困難などの悩みをもつことは珍しくない。

一時的に症状を緩和する方法

  • 温水浴や温めるのは一時的な解決策である。
  • 一部の患者は寒い気候は症状を再燃させる

  • ベンゾジアゼピン類はしばしば数時間の間、症状を和らげるのでうまく使えば効果的である。
  • ベンゾジアゼピンは常習性があり骨盤痛に常に使っていると効果はなくなる。
  • ベンゾジアゼピンは使用者を疲労させ運転するときは使わせないか警告すべきである。

  • 短時間の睡眠や休みを取るのは痛みを時に和らげる