Dr. Wise’s new video on pelvic pain and chronic vigilance. WATCH NOW

ワイズーアンダーソン・プロトコル

6日間のイマージョンクリニック

ワイズーアンダーソン・プロトコルは、スタンフォード大学の泌尿器科で8年間にわたって開発された先駆的治療法です。ワイズーアンダーソン・プロトコルは、骨盤痛に苦しむ患者を訓練することに焦点を当て、骨盤底の慢性的に収縮した筋肉をリハビリする方法、骨盤筋の緊張を緩和する方法及び、骨盤痛の根本原因である神経系統興奮を低下させる方法を患者に教えています。

公開された研究によれば、ワイズーアンダーソン・プロトコルは、6日間のイマージョンクリニックに参加している患者の多数に役立っていることが示されています。2015年に発表された研究では、治療6カ月後に患者の3分の1が自発的にすべての投薬を中止したと報告されています。

1年を通して提供されるこの診療所は、プライベート授業とグループ授業で14人の患者に限られています。これらの診療の目的は、患者がプロの治療法から解放され、骨盤痛の軽減または解消する方法を訓練することです。

過去には解決策がありませんでした

慢性骨盤痛症候群は、一世紀にわたり最も優秀な医者でも困惑していました。抗生物質、抗炎症薬、前立腺マッサージ、外科手術などの伝統的な治療は、これらの苦痛にはほとんど効果がありませんでした。 私たちの本『骨盤の頭痛』は、骨盤底機能不全が前立腺、膀胱、子宮、または他の臓器の病理によって引き起こされるのではなく 、骨盤底筋肉の慢性的収縮によるものであるという理解に基づくものです。

骨盤底機能障害は、局所的かつ全身的な障害の両方です。

骨盤底機能障害は患者に当惑と不便をもたらすものと思われます。苦痛から解放するため、患者たちが医者に訪ねて、治療を求めます。しかし、従来の治療では、ほとんど全般的に骨盤底機能障害が誤解されていました。それがせいぜい部分的かつ短期的であり、最悪の場合、外科的介入または特定の注射のようなものは、問題を悪化させる可能性があります。

骨盤底機能障害に対して従来の治療の根本的な誤りは、一般的に頻繁に起こる神経系が骨盤筋を慢性的に緊張させるという点で、全身性および局所性の問題であるという事実を全体的に把握していないことです。慢性の心配、不安、神経質な覚醒が、骨盤筋の局所的な痛みおよび機能不全をもたらすという点で局所的な視角です。両方の面を効果的に治療しなければ、骨盤底機能障害は治らないです。

我々は6日にわたるクリニックを通年提供しております。最も先進の内外の理学療法の自己治療(局所治療)で患者を訓練し、リラクゼーションプロトコルを実践することによって、骨盤底機能障害の局所的および全身的な問題を解決することに専念しています。長引く奇異性弛緩(Extended Paradoxical Relaxation)は毎日の神経系の緊張を減らすことを目的としております

クリニックのコンテンツ

• 集中治療の前に、診療所の医師が個々の患者に対して、医療評価を行い、参加者の状態と治療計画の妥当性を判断します。

• 参加者は、骨盤底のトリガーポイントのリラックスのため、特定の形態の理学療法と自己治療訓練を受け、毎日そういう指導を受けます。

• 長引く奇異性弛緩法( Extended Paradoxical Relaxation)の1年間の訓練はこの治療の不可欠な部分です。これを通して、参加者が訓練されたレッスンを自宅で自己治療できるようになることは目的です。 慢性骨盤痛症候群に伴う恐怖と壊滅的な思いの影響を軽減するための具体的な認知戦略もカリキュラムの一部です。

• ワイズーアンダーソン・プロトコルの主な目標は、自己治療の理学療法と行動の要素を自己管理できるように参加者を訓練することです。患者は、トリガーポイントと制限領域のマップを受け取ります。骨盤底の理学療法は、長引く奇異性弛緩法と組み合わせて行われます。

• トレーニングは小規模なグループで行われ、6日間にわたって約20-30時間の治療から成ります。

ワイズーアンダーソンの診療所に通う患者は、通常数ヶ月から数年の間に痛みや機能不全を抱え、数多くの医師の診察を受けたが、従来の治療法で苦痛を解決できない人々です。 私たちは、これらの月間クリニックを設置して、遠くに住む患者を6日間で治療することができます。治療に関して具体的な説明は、私たちの本『骨盤の頭痛』記載されています。

おそらく、骨盤痛を伴う最大の苦痛は、慢性痛と機能不全の存在のため患者が感じる無力感です。ワイズーアンダーソン・プロトコルの目的は、患者が自分の勤勉な努力で自分の症状を解決できることです。

私たちがこの問題で悩んでいる人々を助けることに成功したとき、彼らの症状の軽減または軽減するための方法を提供することができます。 参加者が自宅でプロトコールの練習を遵守すると、症状 の緩和が数日以内に見られます。 症状の安定した軽減または解消には数ヶ月から数年までかかることがあり、多くの個人では、プロトコルの使用により改善が継続する傾向があります。